下水道な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS Outlook 2003 お引っ越し

<<   作成日時 : 2011/04/14 11:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

業務中ですが、メモ代わりに書いてます。

早く書かないと忘れる。

パソコンが壊れ、New PCにしました。

が、OsがXPマシーンです。

win7ですと、動かないソフトが2〜3あります。

とっくにサポート終了して、アップグレードすれば

使用可能ですが、不景気で、そんな予算がない。

OSさえ変更しなければ、まだまだ現役OKです。

そんなわけで、MsOficceも2003継続。

そこで、メールのソフトも継続しますが、

Outlookのメールアドレス帳、各種データを継続したい・・・。

いろいろ探すが、詳しく書いてません。

通常は、別個にそういうファイルを設定する箇所があるもんですが

操作を簡単にするために、1個のファイルにまとめてあるようです。

共有にでもしとけば、アドレス帳は設定し直さなくて良いようですが、

不幸なことに個人ファイルに入れてました。

マイクロソフトのHPには、ちゃんと?書かれてますが、HELP押しても

すぐに出てこない。

結局は、ネットで検索して、探し出せました。

以下、マイクロソフトサーポートonlineの引用です。

---------------------------------------------
個人用フォルダ ファイル (.pst) のバックアップ
Microsoft Exchange Server 環境で Outlook を使用している場合を除き、Outlook のデータはすべて個人用フォルダ ファイル (.pst) に保存されます。

Microsoft Office Outlook 2003 には、Microsoft Outlook 個人用フォルダ ファイル (.pst) と呼ばれる新しい個人用フォルダ ファイル形式が導入されており、アイテムとフォルダの保存容量が増え、多言語の Unicode (Unicode : Unicode Consortium によって開発された文字のエンコード規格。Unicode では、1 つの文字を複数バイトで表します。このため、世界中の言語のほとんどすべての表記文字を単一のコード体系で表すことができます。) データがサポートされています。Microsoft Outlook 個人用フォルダ ファイル (.pst) 形式で作成されるファイルは、以前のバージョンの Outlook と互換性がないため、以前のバージョンでは開くことができません。

以前のバージョンの Outlook と互換性を持つデータ ファイルを作成するには、Microsoft Outlook 97-2002 個人用フォルダ ファイル (.pst) 形式を使用します。このファイル形式は、以前のバージョンの Outlook で使用可能なファイル形式と同じです。このファイル形式は多言語 Unicode データをサポートせず、アイテムやフォルダの保存容量は以前のバージョンと同じです。

連絡先フォルダや予定表フォルダなどの個々のフォルダのバックアップ方法またはエクスポート方法については、この資料の「個人用フォルダ ファイル (.pst) データのエクスポート」または「個人用フォルダ ファイル (.pst) データのインポート」の手順を参照してください。

個人用フォルダ ファイル (.pst) 全体をバックアップするには、次の手順に従います。
Outlook 2003 を終了します。
[スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして、[コントロール パネル] をクリックします。
[メール] アイコンをダブルクリックします。
[プロファイル] をクリックします。
適切なプロファイルをクリックし、[プロパティ] をクリックします。
[データ ファイル] をクリックします。
バックアップする個人用フォルダをクリックします。既定ではこの名前は [個人用フォルダ] となりますが、別の名前が付いている場合もあります。

注 : 1 つのプロファイルに複数の個人用フォルダが表示されることもあります。その場合は、それぞれの個人用フォルダ ファイル (.pst) を別個にバックアップする必要があります。

Outlook のメッセージ、連絡先、予約などの情報が保存できるのに、プロファイルに [個人用フォルダ] サービスが表示されない場合は、Exchange Server 上のメールボックスに情報が保存されている可能性が高いと考えられます。その場合は、この資料の 「Microsoft Exchange Server 上のデータのバックアップ」 を参照してください。

サービスの一覧に個人用フォルダ ファイル (.pst) が 1 つも表示されず、Exchange Server のメールボックスにも情報が保存されていない場合は、ファイルの閲覧以外の Outlook のデータ保存機能を使用することはできません。その場合は、バックアップ対象のデータも存在しません。
[設定] をクリックし、表示されたパスとファイル名をメモします。

注 : 個人用フォルダ ファイル (.pst) には、Outlook 2003 のすべてのデータが保存されるため、データが大きすぎてフロッピー ディスクにはバックアップできないこともあります。その場合は、CD-RW ドライブ、Zip ドライブ、MO ドライブなどを使用してください。個人用フォルダ ファイル (.pst) のサイズを小さくしたい場合は、[今すぐ圧縮] をクリックします。これは、個人用フォルダ ファイル (.pst) をフロッピー ディスクにバックアップする場合に便利です。
[OK] を続けてクリックし、すべてのプロパティ関連のダイアログ ボックスを閉じます。
エクスプローラまたは [マイ コンピュータ] アイコンを使って、手順 8 でメモしたファイルのコピーを作成します。

--------------------------------------------------


要は、”outlook.pst"のデータを探し出して、

同じ場所にコピーすれば簡単に上手く行きました。

outlookpstはoutlook3.pstになってました。

このとき、拡張子が表示されるようにフォルダオプションを

設定しておかなければなりません。

まあ、ともかく、PCのファイルの知識がないと無理な訳ですね。

もう少し簡単に移せるようにしてほしかったですね。

こんなページもあります。

そのほか、Yahoo知恵袋ではエクスポートやインポート

による方法で書いてありますが、それでは上手く

いきませんでした。


ご参考までに・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Outlook 2003 お引っ越し 下水道な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる